PICマイコンと組込ボードのプロフェッショナル
 

PIC開発スタートキットBasic言語パック [PICDEV-2502]

商品名 : PIC開発スタートキットBasic言語パック [PICDEV-2502]

商品コード : 96304687

価格 : 38,500円(税込)

数量 :

PICマイコンのあらゆる機能を使いこなすために必要な、すべてのツール類をオールインワンパッケージにした、BASIC言語で開発するPIC開発スタートキットの決定版です。

このキットだけで、 8ピン〜40ピンまでのほぼすべての8ビットPICマイコンの開発や評価や学習が行えます。

 

簡単な言語体系で大好評のBASIC言語による開発なのですぐにあなたのアイデアを形にできます。最新のPIC18FxxK(J)シリーズにも対応しました。

BASIC言語レベルでのインサーキットデバッグ機能を搭載。

このセットがあれば他に揃えるものはありません! とにかくすぐに始められます。USB2.0機能内蔵の PIC18F14K50 も付属していますのでBASIC言語でUSB通信実験も行えます。最新のハイエンドPIC16F1939も付属!



PICマイコンの開発に必要なすべてのツール類をセットにしました。開発言語には、簡単な言語体系なのに豊富な命令を搭載しており、強力なプログラム開発ができる大好評のBASICコンパイラをセットにしました。PICマイコンで使用が想定されるあらゆる機能を命令として搭載していますので、簡単な命令だけで思い通りのプログラムが作れます。

対応 デバイスが多いのもこのコンパイラの特徴!PIC10F/12F/16F/18Fシリーズに対応。今市場に流通しているほぼすべての8ビットPICマイコンに対応しています。


また、インサーキットデバッグ(ICD)機能(※1)を搭載!BASICプログラムを実機の上で動かしながら、1行ずつプログラムを実行するステップ実行機能や、リアルタイムで変数やレジスタの内容を表示できる、高機能なICD機能をご提供します。


統合された開発環境ソフトウエアでの開発ですので、「プログラムの記述→コンパイル→書き込み→インサーキットデバッグ・・・」という一連の開発作業を、1つのソフトウエアから連動させて行うことができます。開発効率の大幅向上が実現しました。
 

統合開発環境ソフトウエア (クリックすると拡大画像が見られます)


上図の例は、付属する統合開発環境のMicroCode Studio PlusにてICD機能によりプログラムをステップ実行している例です。実行されている行がハイライト表示されるとともに、右側には変数・レジスタ・メモリー・EEPROMの現在の値をリアルタイムで閲覧できるウィンドウが表示されています。このような 使いやすいグラフィカルな環境で開発できますので、操作に迷うこともありません。
 

BASIC言語は、PICマイコンにさせたい内容を直感的に記述することができるので、あなたのアイデアが簡単にプログラム化できます。操作も簡単プログラムを書いてボタン1発で、コンパイルと書き込みを行い書き込んだプログラムはすぐに付属の評価ボード上で動作します。

 

 


100ページに及ぶ日本語マニュアルを付属していますのですぐに学習ができます。

※PICBASIC PRO Compilerのマニュアルをご覧になりたい場合は こちら をクリックしてください



メインの開発ボードには、各種研究機関や大学ユーザー様に大好評の、8ピン〜40ピンまでのPICマイコンに対応し、USB2.0のPICマイコンライターを搭載した PIC開発用統合評価用ボードPICD-700SX 採用しました。

8ピンのPIC10Fシリーズや、PIC12Fシリーズ、メジャーなPIC16Fシリーズ、ハイエンドなPIC18Fシリーズまで、DIP形状のデバイスであればこのボード1つで、なんと250種類のPICマイコンに対応します。

 

付属のPICD-700SX統合評価ボード


2行16文字の液晶ディスプレイモジュール(LCD)や、全I/Oピンにアクセスできる36個のタクトスイッチ群や、出力監視ができる36個のLED群を搭載。
スイッチのアクティブLowやアクティブHighも、ジャンパー1つで切替可能です。また全I/Oピンは、簡単に外部へ取り出せるほか、ポート単位でプルアップしたりプルダウンするなど、細かな設定もジャンパー設定で簡単に行えます。

 

その他、UART実験用のUSB-UART変換IC(FT232R搭載)USBポート、RS232Cインターフェイス、付属のPIC18F14K50で使えるUSBポート、A/Dコンバーター評価用のボリュームなどなど、まさにPICマイコンを使い倒す、あらゆる機能が1ボード上に凝縮されています。
 

電源は基本的にパソコンのUSBポートから供給されますので、別途電源を接続する必要がありません。(※2)
 


PICD-700SXの電源はUSBバスパワー又はACアダプタから取ることができますが、電源は5.0Vで動作するPICマイコンと3.3Vで動作するPICマイコン両方に対応できるようハイブリッド電源を搭載しています。最新のPIC18FxxK(J)シリーズデバイスにも対応しています。


旧来の5Vデバイスに加え、LFシリーズや最新のPIC18FxxJシリーズなどの3.3Vデバイスにも本ボード1つで対応できます。
 


PIC16Fシリーズ最新のハイエンドデバイスPIC16F1939、PIC18FシリーズハイエンドのPIC18F45K22、話題のUSB機能搭載の20ピンのPIC18F14K50、18ピンの定番PIC16F1827が付属。
 


種類の多いPICマイコンの中から、よく使われる高機能な4種類を付属しました。
 

必要なものはすべてセットになっていますので、届いたその日からすぐに開発や学習を始められます。付属の導入マニュアルに従ってインストールを行い、チュートリアルを一通り体験すけば、すぐにでもご自分のアイデアをPICで動かせるようになるでしょう。
 

※本スタートキットに付属の導入マニュアルをご覧になりたい場合は、 こちら をクリックしてください。(5MB)  

 

 
 


PICマイコンの製品ラインナップは日々増え続けています。本キットでは、そういった最新デバイスにいち早く対応するため、書き込みソフトなどはすべて無償でアップデータをご提供します。
BASICコンパイラーのアップデートは、修正パッチをのぞき有償となりますが常に最新バージョンをお使いいただけます。末永くお使い頂けるキットです。

 


PIC開発スタートキットBASIC Edition の搭載機能の紹介
 
簡単 高機能なBASICコンパイラを付属!統合開発環境で簡単操作、連動操作!
現在流通しているほぼすべてのデバイスに対応したBASICコンパイラ、PICBASIC PRO Compiler3を採用。
言語体系は非常に簡単なのに、機能はC言語に匹敵するほどの強力な言語です。統合開発環境からは、プログラムの記述→コンパイル→書き込みソフト起動などすべての操作が一括連動操作が可能です。
統合開発環境からBASIC言語レベルでのICD機能を実現
インサーキットデバッグ機能は、マザーボード上で実機にてプログラムを動作させながら、ステップ実行による1行ずつの実行や、実行している行のリアルタイム表示、現在の変数・レジスタ・メモリ・EEPROMの内容をリアルタイムで表示する機能など・・・デバッグの効率を大幅向上させる機能です。
オンボードUSB接続PICプログラマー搭載のマザーボード
ほぼすべてのPICに対応したUSB2.0接続のプログラマーをオンボードでと搭載しています。電源は基本的な動作だけであればUSBのバスパワーから取れます。書き込みは統合開発環境のMicroCode Studio Plusから連動操作が可能です
8〜40ピンのソケットを搭載 、あらゆるデバイスに完全対応
開発の中核となるPICD-700SXには、8ピン、14ピン、20ピン、28ピン、40ピンのソケットをそれぞれ搭載。様々なピン数のPICをこのセットだけ開発・評価することが可能です。またピン数が異なっていても、ボードに搭載の各種周辺回路等を利用できるよう工夫されていますので、あらゆるデバイスの開発に対応します
電源 はUSB又はACアダプターから給電できる2WAY方式
ボードの電源は、USBバスパワーから給電することができますが、ボート上で350mA以上の電流を消費する場合には別途ACアダプタを接続可能。ジャンパー設定にて給電方式を選択できます。また電源スイッチを搭載しています 5Vデバイスと3.3Vデバイスの両方に対応しています。
ポートの状態が一目瞭然の合計36個のLED
I/Oピンの状態が簡単に分かるLEDを36個搭載。PORTA〜PORTEの各ピンの状態をLEDで監視できます。またLEDを使用するか否かは、ディップスイッチで切り替えができます。
ピン に対して簡単にボタン入力ができる、アクティブLow/Highの設定ができる36個のタクトスイッチ
ピンに対して、簡単に電圧を印加して、スイッチ入力ができる36個のタクトスイッチを搭載しています。
アクティブLowとHighをジャンパーで切り替え可能なので、様々な実験に利用できます。
16文字×2行のLCDモジュール搭載
16文字×2行のLCDモジュールを標準で搭載。プログラムによって自由に利用できます。BASICコンパイラにはLCD命令も搭載されていますので、LCDを利用したアプリケーションも簡単に開発できます。チュートリアルにはLCD表示のサンプルプログラムも収録しています
USB-UART変換IC(FTDI社製FT232R)搭載USBポート
RS232Cポートのないパソコンとも簡単にUSBポート経由でUART通信ができる、FDTI社製のFT232R搭載のUSB-UART変換USBポートを搭載しています。パソコンに仮想COMポートドライバを入れることで、従来のRS232C同様の手法でUSBポートでの通信ができます。
RS232Cポート
レベル変換ICを搭載したRS232Cポートを搭載。ボードにはD-Sub9ピンメス端子が実装されています。RS232CのTX及びRXはジャンパー設定によってPICマイコンからの切り離し-接続の設定ができます。またピン数の異なるデバイスではハードウエアUARTのピンが異なりますので、ジャンパー設定によって接続先ピンを指定できます。
4桁高輝度7セグメントLED(ダイナミック点灯方式)
4桁の高輝度赤色7セグメントLEDを搭載しています。ダイナミック点灯方式で点灯させることができ、7セグメントLEDの実験や仕組みを学習、評価することができます。
2系統のADコンバーター評価用ボリューム
接続ピンを選択できる接続できるADコンバーター評価用ボリュームです。ジャンパーソケットによって、 接続ピンを選ぶことができます。PORTA系統用と、PORTB系統用に2つ搭載しています。
I2C通信式EEPROM、24LC512
I2C通信でデータを読み書きできる512kビットのEEPROM,24LC512を搭載しています。簡単なデータ保存に最適です。I2C通信の実験や学習にも使えます。
圧電スピーカ
PWM信号によって手軽に音を出力できる実験用の圧電スピーカを搭載しました。PICマイコンからPWM信号を出力して任意の周波数の音を出して実験や評価することができます。
すべてのI/Oピンは10ピンヘッダ端子から取り出せます、またプルアップ/ダウン/Openの設定もできます
PICの全I/Oピンは,基板右側の10ピンヘッダ端子から取り出せます。各10ピンヘッダには、I/Oピンの他GNDとVcc(+5V)が取り出せます。さらに全ポートはジャンパー設定によって、プルアップ/プルダウン/オープンの選択ができます。外部回路との接続が容易ですので、お客様の作った回路などに接続することができます
交換可能な発振子ソケットを装備、発振子内蔵タイプのPICマイコンの場合にはI/Oに設定可能
交換可能な3ピンの発振子ソケットを搭載。標準では8MHzの水晶発振子が付属していますが、必要に応じて別の発振子を取り付けることが可能です。また、発振子内蔵タイプのPICを使う場合には、ジャンパー設定によりOSC1・OSC2ピンをI/Oピンとして使用できます
USB機能内蔵PIC用 、USB実験用ポート搭載
PIC18F14K50や、PIC18F2550など、USB機能内蔵のPICマイコンのUSB機能を評価できるUSBポートを搭載。付属の導入マニュアルにはPIC18F14K50のUSB2.0機能を使用したCDCクラスアプリケーションの実験ができるプログラムが収録されています。BASIC言語とUSBフレームワークの使用により、より簡単にUSB機能を使用できます
※BASICコンパイラはCDCクラスとHIDクラスに対応しています。
温度センサDS18S20とリアルタイムクロック
ワンワイヤインターフェイの温度センサIC、DS18S20用のソケットが実装されています※3。
4線式抵抗膜方式のタッチパネル(※3)が接続できるコネクターと、専用駆動回路搭載
オプションのタッチパネル機能付き128×64ドットGLCD(※3)を接続すると、タッチパネルアプリケーションが作成できます。専用のコネクタと、駆動回路を搭載しています
PICの開発に必要なソフトウエア類をすべて収録、PICデバイスやケーブル類も全部付属
マニュアルにはチュートリアルも収録、だれでもすぐにPIC開発を始められます

付属のCD-ROMには,PIC開発に必要なすべてのソフトウエアが収録されています。他に必要なものは必要ありません!
付属のマニュアルにはスムーズな導入ができるよう詳しい解説付きです。また、チュートリアルにはBASIC言語の基本から応用まで体験できる詳しい解説入り。アセンブラのチュートリアルもあるので、アセンブラの学習もできます。


※1:インサーキットデバッグを実行できるデバイスについては、ICD機能対応デバイス一覧をご覧ください。

※2:通常使用ではUSBからの給電で動作可能ですが、消費電流が大きい回路などを付加する場合には、別売のACアダプタによる給電をおすすめします。

※3:DS18S20の温度センサIC、GLCD(タッチパネル付きを含む)はオプション品で別売です。

※本スタートキットに付属の導入マニュアルをご覧になりたい場合は、 こちら をクリックしてください。(5MB)

※PICD-700SXのマニュアル全文をご覧になりたい場合は、 こちら をクリックしてください
※PICBASIC PRO Compilerのマニュアルをご覧になりたい場合は、 こちら をクリックしてください
※マザーボード(PICD-700SX)全体と搭載機能をご覧になりたい場合は, こちら をクリックしてください

 


●PICD-700SXに装着できる対応デバイスは、DIPタイプのデバイスですのみです。フラットパッケージは装着できません。
 

上記デバイスのうち、ICD機能が実行・使用できるデバイス
 

16F627(A), 628(A),73, 74, 76, 77, 870, 871, 873(A), 874(A), 876(A), 877(A), 87, 88,

18F242, 248, 252, 258, 442, 448, 452, 458, 1220, 1320, 2220, 2320, 4220, 4320, 6620, 6720, 8620 8720


※上記のうちPICD-700SXに装着できるDIPタイプのデバイスのみ利用可能です。

 



動作環境

PC本体 USB1.1以上のポートを2つ又はUSBポート1つとRS232Cポートを1つ搭載(※4※5)した DOS/V機
対応OS Windows7, 8.1, 10 (32ビット版・64ビット版両方に対応しています)
物理メモリー 256MB以上のRAMを搭載していること
ハードディスク 600MB以上の空き
必須環境 USB(1.1以上)のポート2つ ※4※5
CD-ROMドライブ
ネットワーク環境 インターネットに接続できる環境が必要です


※4:USBハブを介した接続では電力が十分に取れない場合がありますので、パソコンのUSBポートに直接接続してください。


※5:PC側がUSB2.0対応機種であれば、高速書き込みに対応します。USB2.0を推奨します。

キットのセット内容
 

PICD-700SX本体

中核となるマザーボードです、USB2.0のマイコンライターを搭載しています

PICBASIC PRO Compiler3

PIC用の最強BASICコンパイラです、8ビットのほぼすべてのPICに対応しています

MicroCode Studio Plus

ICD機能を実現する統合開発環境です、すべての動作を集中制御できます

PIC16F1939/PIC18F45K22
PIC18F14K50/PIC16F88

すぐに開発できるよう40ピン、20ピン、18ピンのデバイスを付属しています

USBケーブル(2本)

パソコンと接続する際に使用するケーブルです

その他マニュアル、CD-ROM

チュートリアルを含む導入マニュアルや、BASICコンパイラー用マニュアルなどです

オプション品のご案内(表示金額は税込です
 

4線式抵抗膜方式タッチパネル機能付き、128×64ドットグラフィックLCD 4線式抵抗膜方式のタッチパネル機能を搭載した128×64ドットのグラフィックLCDです。PICD-700SXに装着して使用できます 販売価格:5,990円
DS18S20,温度センサIC ワンワイヤ式の温度センサICです。PICD-700SXに装着できます。 販売価格:350円
DC9V出力,ACアダプタ PICD-700SXで使用できるACアダプタです。 販売価格:950円

ページトップへ