PICマイコンと組込ボードのプロフェッショナル
 

PIC開発スタートキットC言語パック [PICDEV-3503]

商品名 : PIC開発スタートキットC言語パック [PICDEV-3503]

商品コード : 96309001

価格 : 36,500円(税込)

数量 :

PICマイコンのあらゆる機能を使いこなすために必要なすべてのツール類をオールインワンパッケージにした、C言語で開発するPIC開発スタートキットの決定版です.

このキットだけで、現在市場に流通している8ピン〜40ピンまでのほぼすべての8ビットPICマイコンの開発や評価・学習が行えます。
数多くのライブラリを搭載したICD機能付きC言語開発環境、mikroC PRO for PIC製品版による開発なので高度な機能を組み込み関数で簡単に実現できます。


ワンチップマイコンの開発学習・組込用C言語の習得・実機でのデバッグ方法の習得など「ワンチップマイコンを組込機器の中で動かす一連の学習」を行うには最適なセットです.
PICマイコンを使いながら,組込開発を手軽に始めることができます.

もちろん実務でも大活躍.豊富なライブラリで開発時間が短縮でき,さらにCで書いたコードはボタン1発で実機で動作するので,デバッグ効率が劇的改善します.
 

C言語レベルでのインサーキットデバッグ機能を搭載(※1)し、ステップ実行や変数・レジスタのリアルタイム閲覧・編集もできます。

このセットがあれば他に揃えるものはありません! とにかくすぐに始められるオールインワンセットです。

 

 
PICマイコンの開発に必要なすべてのツール類をセットにしました。
開発言語には、ANSI規格に対応したPICマイコン用の本格Cコンパイラー、mikroC PRO for PICを採用。
mikroC PRO for PICの特徴は・・・

豊富なライブラリですぐに使える
GUIが分かりやすい.ボタン配置も考えられた位置にあり操作がしやすい
開発ボードと組み合わせてボタン一発で「Cソースコンパイル→書き込み→実機で動作」まで行える


なんといっても,この機能が200種類を超える膨大なPICマイコンで使えるという醍醐味です.

PICマイコンで使用が想定されるあらゆる機能をライブラリとして搭載しています。各種シリアル通信やADコンバーター関連,DAC関連・LCD(GLCDを含む)駆動関連など、充実したライブラリを標準で搭載しています。



 

また、mikroCコンパイラーは、インサーキットデバッグ(ICD)機能(※1)を搭載しています。

キットに付属のマザーボードであるPICD-700SXと組み合わせて動作させることで、C言語のプログラムを実機の上で動かしながら、1行ずつプログラムを実行するステップ実行機能や、リアルタイムで変数やレジスタの内容を表示できる、高機能なICD機能がC言語レベルで使えます。

さらにmikorC PRO for PICではライブラリの拡張が簡単に行えるLibstockというサイトが用意されています.
このサイトでは,様々な追加で組み込めるライブラリをユーザー向けに公開しています.またサンプルコードを多数掲載しており,ユーザーはだれでも使用することができます.
新しいライブラリをここからダウンロードしてmikroC PRO for PICに組み込むと(Package Managerというソフトが必要です),次々と新しいライブラリをmikroCの中で使えるようになります.日々更新されていますのでmikroCは1度購入すればどんどん,ライブラリを増やしていくことができます.



 


mikroC PRO for PICの開発環境は洗練されています.
コードのエクスプローラ表示や,現在のプロジェクトに含まれるすべてのファイルをツリー構造で表示したり,ライブラリの使用有無をチェックしたりと開発者を強力にサポートする画面構成となっています.

ボタン1発で「Cソースのコンパイル→実機への書き込み→実機での動作確認」という一連の開発流れ作業をこのソフトウエアから連動させて行うことができます。
開発効率の大幅向上が実現します。

 

 

統合開発環境ソフトウエア -mikroC PRO for PIC


コードエディタはカスタマイズ可能.背景色や文字色,フォントの変更も容易です.
コードエディタは
シンタックスカラーリングに対応,入力プログラム文字列は自動的に色分けされます.
 

コンフィギュレーションレジスタの設定は、デバイス毎にプルダウンで設定が可能です。その他ヘッダーファイル等もすべて1つのプロジェクトにまとめることができ、インクルードされている各種ファイルは、Project Managerによってツリー構造で閲覧することができます。

   

その他,UART(非同期式シリアル通信)実験に便利なシリアル通信ターミナルソフトをはじめ、ビットマップファイルを座標ファイルに変換するツールや10進数-16進数-2進数を相互変換できるQコンバーター機能、割込時の関数設定ツール等他の開発環境にはない便利なツールが搭載されています.

※1:ICD機能は一部のデバイスでは使用できません。
 

※2: mikroCのマニュアルは付属のHelpに収録されている英語版PDFとなります。 チュートリアルには日本語での詳しい解説付きチュートリアルを付属しています。
 


メインの開発ボードには,各種研究機関や企業,大学ユーザー様に大好評の8ピン〜40ピンまでのPICマイコンに対応しボード上にマイコンライターを搭載したベストセラーボード PIC開発用統合評価用ボードPICD-700SX 採用しました。

このパックの価値はこのボードの使いやすさとmikroC PRO for PICの連携性の良さが高めています.

8ピンのPIC10Fシリーズや、PIC12Fシリーズ、メジャーなPIC16Fシリーズ、ハイエンドなPIC18Fシリーズまで、DIP形状のデバイスであればこのボード1つで、なんと250種類のPICマイコンに対応します。

 

付属のPICD-700SX統合評価ボード


2行16文字の液晶ディスプレイモジュール(LCD)や、全I/Oピンにアクセスできる36個のタクトスイッチ群や、出力監視ができる36個のLED群を搭載。
スイッチのアクティブLowやアクティブHighも、ジャンパー1つで切替可能です。また全I/Oピンは、簡単に外部へ取り出せるほか、ポート単位でプルアップしたりプルダウンするなど、細かな設定もジャンパー設定で簡単に行えます。

 

その他、UART実験用のUSB-UART変換IC(FT232R搭載)USBポート、RS232Cインターフェイス、付属のPIC18F14K50で使えるUSBポート、A/Dコンバーター評価用のボリュームなどなど、まさにPICマイコンを使い倒す、あらゆる機能が1ボード上に凝縮されています。
 

電源は基本的にパソコンのUSBポートから供給されますので、別途電源を接続する必要がありません。
 


PICD-700SXの電源はUSBバスパワー又はACアダプタから取ることができますが、電源は5.0Vで動作するPICマイコンと3.3Vで動作するPICマイコン両方に対応できるようハイブリッド電源を搭載しています。最新のPIC18FxxK(J)シリーズデバイスにも対応しています。
 

 



旧来の5Vデバイスに加え、LFシリーズや最新のPIC18FxxJシリーズなどの3.3Vデバイスにも本ボード1つで対応できます。
今後は低電圧の3.3V電源のデバイスが増えることが予想されますが,本ボードではしっかり対応しています.
 

この製品は「全部入り」だから,届いたその日からすべての開発を始めることができます.

代表的なPICマイコンを付属しているから,デバイスの選定に迷う心配もありません.

PIC16Fシリーズ最新のハイエンドデバイス,40ピンのPIC16F1939
同じくハイエンドPIC16Fで18ピン,だけど高機能なPIC16F1827
メモリサイズが大きくPIC18Fシリーズハイエンドの40ピンPIC18F45K22
20ピンでUSB通信機能が売り,結構20ピンというのも使いやすいPIC18F14K50

 

本キットに付属している導入マニュアルには各種ソフトウエアのインストール方法や設定方法,ハードウエアの準備方法などが解説されていますが,その他充実したチュートリアルを収録しています.付属のPICで一通りPICの世界をすぐに,そしてちょっと高度に体験できるチュートリアルです.

LCD駆動やRS232C通信、ADコンバーターの使い方などの基本を始め、TMR0割込やシリアル通信割込、多重割込の応用実験、7セグメントLEDのダイナミック点灯方式での駆動実験などの応用解説を掲載。実機に触りながらやさしく、C言語で開発する組込マイコンの世界を体験できます。
 

※本スタートキットに付属の導入マニュアルをご覧になりたい場合は、 こちら をクリックしてください。(5MB)  

  

 
  豊富な組込関数を搭載したmikroC PRO for PICを付属!統合開発環境で簡単操作、連動操作!
現在流通しているほぼすべてのデバイスに対応したICD機能付きのCコンパイラー、mikroC PRO for PICを採用。
ANSI規格対応なので、C言語の基本的文法にて各種組込関数を使用できます。すべての操作が一括連動操作が可能です。
ICD機能によるステップ実行が可能
インサーキットデバッグ機能(ICD)により実機にてプログラム1行ずつ動かしながらデバッグできます.変数やレジスタ等の内容をリアルタイムで表示・確認・更新することができる便利な機能です。
オンボードPICプログラマー搭載のマザーボード(PICD-700SX) 
ほぼすべてのPICに対応したUSB2.0接続のプログラマーをオンボードでと搭載しています。
電源は基本的な動作だけであればUSBのバスパワーから取れます。書き込みはCコンパイラーのソフトウエアから連動して操作が可能です 。
あらゆるデバイスに完全対応
開発の中核となるPICD-700SXには、8ピン、14ピン、20ピン、28ピン、40ピンのソケットをそれぞれ搭載。現在市場に流通しているほぼすべてのデバイスに対応しているので、様々なピン数のPICをこのセットだけ開発・評価することが可能です.
電源はUSB又はACアダプターから給電できる2WAY方式
ボードの電源はUSBバスパワーから給電することができますが別途ACアダプタを接続可能.
ジャンパー設定にて給電方式を選択できます。また内部の電圧系は
5Vか3.3Vかをジャンパーソケットで選択できます.
ポートの状態が一目瞭然の合計36個のLED
I/Oピンの状態は目で見るのが一番!36個のLEDを搭載。PORTA〜PORTEの各ピンの状態をLEDで監視できます。またLEDを使用するか否かは、ディップスイッチで切り替えができます。
簡単にボタン入力,個別アクティブH/Lが設定できる36個のタクトスイッチ 
ピンに対して、簡単に電圧を印加して、スイッチ入力ができる36個のタクトスイッチを搭載しています.
アクティブLowとHighをジャンパーで切り替え可能なので、様々な実験に利用できます.
16文字×2行のLCDモジュール搭載
16文字×2行のLCDモジュールを標準で搭載.プログラムによって自由に利用できます.
mikroCにはLCDライブラリも搭載されていますので簡単に制御できます.チュートリアルにはLCD表示のサンプルプログラムも収録しています.
USB-UART変換IC搭載USBポート
RS232Cポートのないパソコンとも簡単にUSBポート経由でUART通信ができる,FDTI社製のFT232R搭載のUSB-UART変換USBポートを搭載しています。パソコンに仮想COMポートドライバを入れることで、従来のRS232C同様の手法でUSBポートでの通信ができます。
RS232Cポート
レベル変換ICを搭載したRS232Cポートを搭載.
ボードにはD-Sub9ピンメス端子が実装されています.RS232CのTX及びRXはジャンパー設定によってPICマイコンからの切り離し-接続の設定ができます.
4桁高輝度7セグメントLED
4桁の高輝度赤色7セグメントLEDを搭載しています.ダイナミック点灯方式で点灯させることができます.
2系統のADコンバーター評価用ボリューム
接続ピンを選択できる接続できるADコンバーター評価用ボリューム.
ジャンパーソケットによって
接続ピンを選ぶことができます。PORTA系統用とPORTB系統用に2つ搭載しています。
I2C通信式EEPROM(24LCxx)
I2C通信でデータを読み書きできるEEPROMを実験用に搭載.I2C通信の基本が学習できます.簡単なデータ保存に最適です。
圧電スピーカ
PWM信号によって手軽に音を出力できる実験用の圧電スピーカを搭載.PICマイコンからPWM信号を出力して任意の周波数の音を出して実験や評価することができます.
すべてのI/Oピンは10ピンヘッダ端子から取り出せます、またプルアップ/ダウン/Openの設定もできます
 

PICの全I/Oピンは基板右側の10ピンヘッダ端子から取り出せます。さらに全ポートはジャンパー設定によって、プルアップ/プルダウン/オープンの選択ができます。
交換可能な発振子ソケットを装備、発振子内蔵タイプのPICマイコンの場合にはI/Oに設定可能
交換可能な3ピンの発振子ソケットを搭載.標準では8MHzの水晶発振子が付属していますが必要に応じて別の発振子を取り付けることが可能です.
また発振子内蔵タイプのPICを使う場合には、ジャンパー設定によりOSC1・OSC2ピンをI/Oピンとして使用できます.
USB機能内蔵PIC用,USB実験用ポート搭載
PIC18F14K50や,PIC18F2550などUSB通信機能内蔵のPICマイコンのUSB機能を評価できるUSBポートを搭載.
付属の導入マニュアルにはPIC18F14K50のUSB2.0機能を使用したHIDクラスアプリケーションの実験ができるプログラムが収録されています.
温度センサDS18S20とリアルタイムクロック
ワンワイヤインターフェイの温度センサIC、DS18S20用のソケットが実装されています. ※6。
4線式抵抗膜方式のタッチパネル(※6)が接続できるコネクターと、専用駆動回路搭載
オプションのタッチパネル機能付き128×64ドットGLCD(※6)を接続すると、タッチパネルアプリケーションが作成できます。専用のコネクタと、駆動回路を搭載しています.

※6:DS18S20の温度センサIC及びグラフィックLCD(タッチパネル付きを含む)はオプション品で別売です。付属していませんのでご注意ください。


※付属する導入マニュアルは こちら からご覧頂けます。

※PICD-700SXのマニュアル全文をご覧になりたい場合は こちら をクリックしてください


※マザーボード(PICD-700SX)全体と搭載機能をご覧になりたい場合は こちら をクリックしてください  


 
PICD-700SXに装着できる対応デバイスは、上記の対応デバイス内の8ピン〜40ピンまでのDIPタイプのデバイスです。

※PIC10シリーズはPICD-700SXは対応していますが、mikroC PRO for PICのコンパイラが対応しておりません。 
 


動作環境

PC本体 USB1.1以上のポートを1つ搭載した DOS/V機
対応OS Windows 7, 8.1, 10  (32ビット版・64ビット版両方に対応しています)
物理メモリー 512MB以上のRAMを搭載していること
ハードディスク 600MB以上の空き
必須環境 USB(1.1以上)のポート1つ
CD-ROMドライブ
インターネットへの接続環境

※:USBハブを介した接続では電力が十分に取れない場合がありますので、パソコンのUSBポートに直接接続してください。


キットのセット内容
 

PICD-700SX本体

中核となるマザーボードです、USB2.0のマイコンライターを搭載しています

mikroC PRO for PIC製品版

ICD機能を搭載した高機能なCコンパイラーです

PIC16F1939/PIC18F45K22
PIC18F14K50/PIC16F1827

すぐに開発できるよう40ピン、20ピン、18ピンのデバイスを付属しています

USBケーブル(2本)

パソコンと接続する際に使用するケーブルです

その他マニュアル

チュートリアルを含む導入マニュアルです


オプション品のご案内(表示金額は税込です

4線式抵抗膜方式タッチパネル機能付き、128×64ドットグラフィックLCD 4線式抵抗膜方式のタッチパネル機能を搭載した128×64ドットのグラフィックLCDです。PICD-700SXに装着して使用できます 販売価格:5,990円
DS18S20、温度センサIC ワンワイヤ式の温度センサICです。PICD-700SXに装着できます。 販売価格:350円
DC9V出力、ACアダプタ PICD-700SXで使用できるACアダプタです。 販売価格:950円

ページトップへ