PICマイコンと組込ボードのプロフェッショナル
 

TFT液晶搭載 PIC32MXマルチメディアボード [MMB-32MX]

商品名 : TFT液晶搭載 PIC32MXマルチメディアボード [MMB-32MX]

商品コード : 78057762

価格 : 13,850円(税込)

数量 :

PIC32MXマルチメディアボード(型式MMB-32MX)は320×240ドットのタッチパネル付きカラーTFT液晶やMP3デコーダIC、3軸加速度センサ、microSDカードスロットなどを搭載したPIC32MXマイコンマルチメディアボードです。
 

片手に収まる小さな基板に80MIPSで動作する32ビットPICマイコン、PIC32MX460F512Lを搭載。タッチパネル液晶画面を用いた様々なアプリケーションのプラットフォームとしてご使用頂けます。

実用的なアプリケーションを、手軽に作ることを目的に開発されたボードです。



320×240ドットと大きなサイズのタッチパネル付きカラーTFT液晶ディスプレイを搭載。文字の表示はもちろん、写真の表示、図形表示なども行えますのでマルチメディアプレイヤーやゲーム、操作盤等多彩なアプリケーションが作れます。
当方で販売しているPIC32MXマイコン用Cコンパイラ、 mikroC PRO for PIC32MX を使えば標準のライブラリでTFT液晶の各種制御、表示ができます。

型式MI0283QT-9A(コントローラIC:ILI9341)の液晶を採用しています。
 
 
Youtubeには様々なビデオがアップロードされています  

本体には様々なアプリケーションを作る際に便利な周辺回路を搭載しています。


●I2C通信で使える3軸加速度センサ(ADXL345)
●MP3ファイルデーコードできるVS1053

大容量8Mビットのフラッシュメモリ(SPI通信)
microSDカードスロット
●リチウムイオンバッテリーマネージメントIC (サポート対象外)

タッチパネル付きTFT液晶を組み合わせてMP3プレイヤーを作ったり、加速度センサで傾きを利用したゲームを作ったり・・・と豊富な周辺回路がお客様の「作りたい」をサポートします。
 

付属のCD-ROMには、microSDカードのMP3ファイルを再生サンプル、加速度センサの値をTFTに表示するサンプルなどが収録されています。また工場出荷時にはmicroSDカードにあるMP3ファイルを再生するサンプルプログラムが書き込まれています。
 

※ソースコードをビルドするには mikroC PRO for PIC32MX Visual TFT の製品版が必要です。


本製品にはマイコン、PIC32MX460F512Lが搭載されています。外部発振子として8MHzの水晶発振子が実装されています。内部で10倍され80MHz動作しています。

その他RTCC用の使える32.768kHz水晶発振子も実装されています。
 


 

HEXファイルの書き込みは、USB HIDブートローダー(mikroBootloader)がお使い頂けます。パソコンとMMB-32MXをUSB経由で接続すれば、本機はHID機器として認識されます。プログラムの書き込みをしたい時は本機のリセットボタンを押して、 USB HIDブートローダーの接続ボタンを押せば接続完了。

あとは書き込みたいHEXファイルをロードして書き込めば、すぐにプログラムを書き込んで動作を確認できます。別途マイコンライターやMPLAB ICD3、PICkit3などのライターは必要ありません。

 

     
USB miniBコネクタ搭載    
簡単操作のブートローダーソフトウエア



ICSP用のピンもありますので、別途マイコンライターをお持ちの場合にはブートローダーではなくマイコンライターでHEXファイルを書き込むこともできます。
 


本体のピンパッドはPIC32MXマイコンの各ピンが簡単に取り出せるようになっています。上図の通りマイコンに搭載の各機能について推奨ピンがありますので、これらのピンを使うのが便利です。

本機のプログラム作成は言語を問いませんが、当方ではC言語として mikroC PRO for PIC32MX を、TFT液晶の画面構成、制御には Visual TFT の使用を推奨しています。
 

mikroC PRO for PIC32MX は豊富な組み込み関数が自慢のPIC32MXマイコン用のCコンパイラです。ANSI規格に準拠しておりPIC32MXマイコンを使うために便利なライブラリを搭載しています。TFT液晶駆動のライブラリも充実しておりMMB-32MXに搭載のTFT液晶であれば簡単に使うことができます。
 

Visual TFT は、mikroCシリーズのコンパイラと組み合わせて使うTFT液晶画面構成、制御ツールで、画面上に表示する図形や文字、円形ボタン、四角ボタンなどをGUI環境で簡単に配置し、それらのコンポーネントをタッチした時にどういう動作をするか、ということを簡単に記述できる画面開発用ツールです。

感覚はWindowsアプリケーション開発用のソフトウエア、Visual Studio(R)を彷彿とさせます。画面上にコンポーネントを配置して各種プロパティを設定、その後そのコンポーネントに発生するイベントに対応したプログラムを記述していきます。作られたコードはmikroCとリンクされて動作します。
 

 
Visual TFT開発画面例  


MMB-32MXをお買い上げのお客様には mikroC PRO for PIC32MX 及び Visual TFT が特別価格(販売価格の10%引き)でご購入頂けるクーポンコードを差し上げております。ぜひこの機会にご検討頂ければ幸いです。
 


搭載機能一覧
 
+5V動作で使いやすい!USBバスパワー給電も 本体電源は+5V。(+3.3Vも利用可) USBパスパワー給電でも動作します。
高機能PIC32MX460F512Lを搭載 80 MHz動作の32ビットPICを搭載。512kBフラッシュメモリー、32kRAM、UART,SPI,I2C,ADCなど機能盛りだくさんです。
320×240ドットタッチパネル付きTFT液晶 3 20×240ドットのタッチパネル付きTFT液晶搭載。バックライトの調整もできます。
USB HIDブートローダーで簡単書き込み HEXファイルはUSB HIDブートローダーで簡単書き込み。PCとUSBで接続するだけです。(ICSPも可)
microSDカードスロット搭載 各種ファイルの保存、読み込みに最適なmicroSDカードスロットを搭載。
MP3デコーダIC(VS1053)搭載 MP3ファイルの再生に使えるVS1053を搭載。ステレオミニジャックも搭載していますのでイヤホンや外部アンプと接続して音楽再生を楽しめます。
USB  miniBコネクタ USB miniBコネクタ搭載。USB HIDブートローダー通信用としても使えるほか、USB対応デバイスを作る時にももちろん使えます。USB OTGにも対応。
3軸加速度センサ 3軸加速度センサADXL345を搭載。I2C通信でデータの読み込みができます。
8Mビットフラッシュメモリー 8Mビットと大容量なSPI通信のシリアルフラッシュメモリを搭載。画像の保存や文字データの保存などに便利です。
外部回路との接続が簡単なパッド 本機と外部回路を接続する時に重宝する2.54mmピッチのパッドをご用意。AD入力やデジタルIO制御、UART入出力等に便利です。
32.768kHz水晶発振子 RTCC用に便利な32.768kHz水晶発振子を搭載しています。
81.2×60.5(mm)の小型設計 基板サイズは81.2×60.5(mm)と小型設計。小さな筐体に組み込むこともできます。
片手で持つのにちょうど良い大きさ。
mikroC PRO for PIC32MX及びVisual TFTクーポン mikroC PRO for PIC32MX及びVisual TFT製品版が10%引きで購入頂けるクーポンコードを差し上げます。

主な仕様
電源電圧 DC5V(USBバスパワー給電又は外部給電)、DC3.3V(外部給電)
消費電流 通常動作時:最大200mA程度
使用MPU PIC32MX460F512L (8MHzクリスタル、80MHz動作)
HEXファイル書き込み mikroBootloader又はICSP
mikroBootloader対応OS: Windows(R) Vista/7/8.1/10 (32ビット、64ビット両対応)
mikroBootloader使用時は、USBポートが1つ必要 (ケーブルは付属しておりません)
ボード寸法 81.2×60.5( mm)

セット内容
 

MMB-32MX本体

CD-ROM

クーポンコード

 
 

ページトップへ