PICマイコンと組込ボードのプロフェッショナル
 

オンスクリーンキャラクタジェネレータボード 日本語フォント付き[OSD-MOD232J]

商品名 : オンスクリーンキャラクタジェネレータボード 日本語フォント付き[OSD-MOD232J]

商品コード : 97991213

価格 : 18,900円(税込)

数量 :

オンスクリーンキャラクタジェネレーターボード(型式、OSD-MOD232J、以下OSD-MOD232Jと記載)は、RS232C通信でアルファベットや数字・特殊記号等をNTSC方式のコンポジットビデオ映像として出力できるキャラクタジェネレーターボードです。


入力したコンポジット映像信号に文字や記号を重ねて、スーパーインポーズして出力することができます。
 

本製品は搭載するキャラクタの内容によって2種類あり、英数字と記号を搭載した標準的なOSD-MOD232と、英数字と日本語のひらがなとカタカナを搭載したOSD-MOD232Jがあります。本製品は、日本語キャラクタを実装したタイプです。
 



OSD-MOD232上のRS232C用の通信ラインに、パソコンのRS232Cポートや、非同期式シリアル通信(UART)の可能なPICマイコン等を接続するだけで、256種類の文字や記号をNTSC準拠のコンポジットビデオ信号として出力することができます。ビデオスクリーンに文字を表示できるので、様々なアプリケーションに応用できます。
 

OSD-MOD232では、NTSC信号の場合水平方向に30キャラクタ、垂直方向に13行を表示することができます。(※1)
 

RS232Cのデータ信号は通信速度9600bps又は19200bps、データ長8ビット長、1ストップビット、ノンパリティでホスト機器と通信を行います。
 

電源はDC9V〜DC12Vの電源を接続することで動作します。
 

※1:表示するキャラクタのサイズは1キャラクタあたり12x18ピクセル固定で、変更できません。またキャラクタ色は本体白色、輪郭黒色です。これの反転は設定によってできます。



OSD-MOD232にはアルファベットや数字、記号など256個のキャラクタが内蔵されています。
これらのキャラクタは、コンポジット映像入力端子から入力した画像にスーパーインポーズできます。また、入力映像信号ではなく、OSD-MOD232の内部で黒背景を生成して(※2)、入力映像の有無に関係なく黒背景の上に文字や記号を表示して、映像出力するこも可能です。

 


上の画面表示例は、左側がスーパーインポーズで入力映像の上に文字をオーバーレイした場合です。左側は入力映像の有無に関係なく、本体内部で黒背景を生成して、その上に文字を表示された場合です。
 

※2:黒背景は、ブライトネスを8段階で設定でき、輝度を高くすることで灰色になります。
 


OSD-MOD232のすべての制御は、簡単なシリアルコマンドによって行うことができます。例えば画面の全クリアーやキャラクタ配置はそのまま表示だけを消したりすることもできます。その他、カーソルポジションの設定や、キャラクタの枠囲み背景の設定、キャラクタの点滅など、使用するシーンに応じて様々な属性設定が可能です。
 

コマンドは、ASCIIコード外のE1h以降からとなっています。コマンドをOSD-MOD232に送信だけなので、パソコンでは汎用ターミナルソフトからコマンドを送信して制御ができます。また、PICマイコンなどのマイコンからも簡単に制御ができます。
 

コンポジット映像信号の専門的な知識がなくてもシリアルコマンドだけでオーバーレイ表示を行うことができます。

 

●OSD-MOD232のマニュアルは こちら からダウンロードできます。[PDFファイル]

 

搭載キャラクタ一覧 (OSD-MOD232 標準タイプ)


 

搭載機能一覧

・NTSC方式に準拠、水平方向30文字、垂直方向13行に任意のキャラクタを表示可能
・入力映像にキャラクタを重ねるオーバーレイ表示と、黒背景を生成する黒背景モードを搭載。黒背景は8段階で輝度の設定が可能
・RS232C通信によってシリアルコマンドを送るだけで、各種制御が可能
・カーソルを任意の位置に設定可能、任意の位置にキャラクタを描画したり消去することが可能
・キャラクタの点滅表示が可能
・キャラクタの反転(白黒反転)表示属性が設定可能
・スーパーインポーズを行う場合、キャラクタの背景を設定可能(背景色は黒のみで黒背景のレベルと同じ設定となります)
・オフセット位置を水平方向、垂直方向でそれぞれ設定可能 (X=0,Y=0の位置を微調整できます)
・DC9V〜DC12Vの電源電圧にて動作、コンポジット用のRCAジャックを取り付けるだけで使用できます

 

 
セット内容
 

OSD-MOD232J本体

マニュアル


●OSD-MOD232のマニュアルは こちら からのダウンロードのみとなります。紙媒体での添付はしておりません。
 

主な仕様

電源電圧 DC9V〜DC12V
消費電流 最大160mA程度
動作温度範囲 -40℃〜85℃
ビデオ入出力 コンポジット映像信号(75Ω終端) 1Vp-p
放送方式 NTSC信号及びPAL信号
※但しPAL信号については動作保証対象外です。
キャラクタセット 256セット 1キャラクタあたり12×18ピクセル
シリアル通信 RS232C信号準拠 通信速度9600bps又は19200bps、データ長8ビット長、1ストップビット、パリティ無し
UART信号の場合には論理を反転させる必要があります。0V-5Vでも制御可能です。
基板寸法 64 x 64 (mm) 
 
 
 

ページトップへ