MLX90632搭載の放射温度計ボード
 

MLX90632 放射温度計センサークリックボード [CLICK-IRThermo]

商品名 : MLX90632 放射温度計センサークリックボード [CLICK-IRThermo]

商品コード : 51325700

価格 : 3,397円(税込)

数量 :

MLX90632 放射温度計センサークリックボード(CLICK-IRThermo)は、物体が放射する赤外線から物体の温度を非接触で測定できるボードです。

メレキシス社製の非接触温度センサーMLX90632を搭載しています。-20℃〜200℃までの物体温度を、最高-20℃〜80℃までの環境下で測定が可能です。
また物体の温度の他、センサー周囲の温度も測定しており計算に利用します。

非接触にて物体の温度が計測できるため動物の表皮温度、回転するような物体の温度計測等様々な範囲の温度計測に応用ができます。(※1)




通信方式は、I2C通信です。

キャリブレーション定数は内部のEEPROMに工場出荷時に保存されています。
内蔵の温度センサーで周囲温度を計測後、キャリブレーション値と物体の放射温度測定後に得られた値(RAMに保存)をマイコン等からI2C通信で読み取り、データシートに記載の式で計算し温度を算出します。(※2)

測定分解能は0.02℃です。
視野角(FOV)は50°です。(※3)

MLX90632には3つの動作モードがあり、CONTINUOUSモードでは連続して計測を行い、サンプリングレートは0.5秒間隔(設定で16msまで可能)です。



このボードはMLX90632を簡単に利用できるようピンピッチ2.54mmにしたクリックボードです。電源電圧はジャンパー設定により3.3V又は5.0Vを選択可能です。
I2C信号線にはPCA9306のレベル変化ICが付加されていますので、3.3V系回路、5V系回路どちらにも接続できます。
I2CのSDA及びSCL線は1kΩの抵抗器でプルアップされています。

制御に必要なI2C信号線や割り込み線、電源(+3.3V又は+5.0V)が2.54mmピッチのmikroBUSから取り出せます。

 



■補足事項をお読み下さい■

※1:赤外線放射温度計では一般的に対象の物質により誤差が生じます。例えば鏡面など放射率の低いもの、透明なものは誤差が大きくなります。水の放射率は0.95程度あり計測に向いています。ガラス越しの物体は測定できずガラス板の温度が測定されます。
また研磨された金属のように反射率の高い物体は測定に不向きです。

※2:セルシウス度(摂氏)で温度データを算出するためには、データシートに記載の式で計算する必要があります。計算には浮動小数点演算が必要です。I2Cマスターのマイコン等は浮動小数点演算ができる必要があります。

※3:物体の温度測定には、センサーのスポット径が、測定する物体のすべてをカバーしている必要があります。MLX90632の視野角は50°です。例えば距離3cm先ではスポット径は約2.8cmとなります。計測対象物は少なくとも直径2.8cm以上の大きさである必要があります。スポット径より小さい物体の温度測定では計測値を不正確になります。
よってスポット径を小さくするには、測定物体との距離が近い必要があります。
市販されている放射温度計より視野角が広いため距離の離れた物体の温度測定には不向きですが、温度分解能が高く距離が近ければ高精度な温度測定が可能です。

 



※MLX90632のデータシートはこちらです。

※I2C通信例 1:デバイスの初期化とEEPROMから較正値の取得をする時
※I2C通信例 2:被測定物の温度を計測する時

 



  • ●非接触温度センサーMLX90632を採用

    ●非接触で物体の表面温度測定が可能、周囲の温度測定も可能

    ●-20℃〜80℃の周囲温度測定、-20℃〜200℃までの物体温度の測定

    ●インターフェイスはI2C通信 (スレーブアドレス0x3A)

    ●分解能0.02℃と高精度

    ●視野(FOV)50°

    ●3つのモードを搭載。CONTINUOUSモードで最高16ms間隔のリフレッシュレート

    ●電源電圧は3.3V又は5.0V

    ●I2C信号線には、電圧レベル変換IC(PCA9306)搭載

    ●mikroBUS準拠で様々なマイコン開発ボードに装着しやすい(2.54mmピッチ)

    ●ボードサイズ:42.9×25.4 (mm)



※本製品はMLX90632を2.54mmピッチで使いやすくしたボードです。MLX90632のデータシート回路図、I2C通信例のデータをご覧になって、内容や計算式等を理解でき、ご自分でI2Cのプログラムを作成できる技術をお持ちの方を対象として製品です。

マイクロテクニカでは、MLX90632についてのご質問は受け付けておりません

なお、mikroCコンパイラをご使用の場合には、MLX90632を用いたサンプルプログラムと専用ライブラリが公開されており、計算式を理解していなくても使うことが可能です。

 


■ピン配置図
 

mikroBUSは下記のようなピン配置になっています。
 

ピンの詳細 ピン mikroBUS ピン ピンの詳細
NC 1 AN PWM 16 NC
NC 2 RST INT 15 NC
NC 3 CS TX 14 NC
NC 4 SCK RX 13 NC
NC 5 MISO SCL 12 SCL I2Cクロック(SCL)
NC 6 MOSI SDA 11 SDA I2Cデータ(SDA)
電源 +3.3V 7 3.3V 5V 10 +5V 電源
接地 GND 8 GND GND 9 GND 接地


 


■回路図



※クリックして拡大表示


■付属品
 

  •  ●CLICK-IRThermo本体
      ・本体ボード 1個


※本製品は組み立て完成済みです。
 


■参考資料
 

MLX90632のデータシート
PCA9306のデータシート
※I2C通信例 1:デバイスの初期化とEEPROMから較正値の取得をする時
※I2C通信例 2:被測定物の温度を計測する時
LibStock: IrTheramo3 Click library (mikroC用ライブラリ、サンプル)



■本製品のサポートについて
 

本製品はメーカーがリリースしているデータシート及び本製品の回路図、データシートに記載のI2Cコマンド例を見て、その使い方をご理解頂き実際にプログラミングやマイコンから本製品を制御できる技術者向けの製品です。
 

本製品はMLX90632の機能をそのまま使った製品です。使い方はデータシートにてご理解頂く必要があります。データシートの見方が分からない、I2C通信の内容が理解できていない方はご使用頂けません。またI2C信号を解析できるロジックアナライザ等のツールをお持ちでないとプログラミングは厳しいと考えます。
また本製品を使うにはI2Cマスタ側のマイコン等で浮動小数点演算が必要です。数学的な知識も必要です。

 

本製品の技術的なサポート、I2C通信による使い方、ハードウエアの設計方法等について当方マイクロテクニカではサポートを行っておりません。ご質問頂きましてもご回答致しかねます。

mikroBUS
NTTドコモネットワーク(MVNO)対応 SARA-U201搭載3G-UART通信ボード [CLICK-3G]
NTTドコモネットワーク(MVNO)対応 SARA-U201搭載3G-UART通信ボード [CLICK-3G]
UART制御-音声認識モジュール [SR-MOD100C]
UART制御-音声認識モジュール [SR-MOD100C]
赤外線温度アレイセンサ Grid-EYE評価用クリックボード [CLICK-GRIDEYE]
赤外線温度アレイセンサ Grid-EYE評価用クリックボード [CLICK-GRIDEYE]
WiFiモジュール(ESP-WROOM-02) ブレークアウトボード Ver.2 [BB-ESP-WROOM02-2]
WiFiモジュール(ESP-WROOM-02) ブレークアウトボード Ver.2 [BB-ESP-WROOM02-2]
電子ペーパーモジュールクリックボード [CLICK-EINK]
電子ペーパーモジュールクリックボード [CLICK-EINK]
パルスオキシメーター&ハートレートセンサーICボード [CLICK-10]
パルスオキシメーター&ハートレートセンサーICボード [CLICK-10]
3次元測位 LEA-6S搭載 GPSクリックボード [CLICK-GPS]
3次元測位 LEA-6S搭載 GPSクリックボード [CLICK-GPS]
(GPS)
PIC32MX534F064H搭載 PIC CLICKERベースボード [CLICK-32MX]
PIC32MX534F064H搭載 PIC CLICKERベースボード [CLICK-32MX]
明るさセンサー付き 焦電型赤外線人感センサークリック [CLICK-MOTION]
明るさセンサー付き 焦電型赤外線人感センサークリック [CLICK-MOTION]
Arduino IDEでも開発できるPIC32MXお手軽ボード [CLICKER2 for PIC32MX]
Arduino IDEでも開発できるPIC32MXお手軽ボード [CLICKER2 for PIC32MX]

ページトップへ