RN4678 Bluetooth Classic and BLE ボード RN4678 Bluetooth Classic and BLE ボード
 
 
 
 
   無線通信モジュール > Bluetooth > RN4678搭載 Bluetooth5.0デュアルモード対応(BLE + Classic) ボード [RN4678-STICK]
 
 
 
RN4678搭載 Bluetooth5.0デュアルモード対応(BLE + Classic) ボード [RN4678-STICK]
 
 
RN4678搭載 Bluetooth5.0デュアルモード対応(BLE + Classic) ボード [RN4678-STICK]

  商品名:RN4678搭載 Bluetooth5.0デュアルモード対応(BLE + Classic) ボード [RN4678-STICK]

商品コード:89093055

販売価格:4,500 円(税込み)
数量:




 
 
 
RN4678-STICKは、マイクロチップ社のBluetoothデュアルモード(BR/EDR/LE) 通信対応のBluetooth5.0+Classicモジュール、RN4678を搭載した通信ボードです。

非同期式シリアル通信(UART)をBluetooth規格で簡単に無線化できます。

使いやすいBluetooth Classic(BR/EDR)規格の通信と、Low Energy(LE)規格の両方を1つのモジュールで実現します。これによりシリアル通信(UART)を無線化する時に仮想COMポート経由で簡単にリモートデバイスと通信できるSPP(シリアルポートプロファイル)を利用できる他、最新の省電力仕様のBLEもこのモジュール1台で実現できます。




規格はデュアルモード、Classicモード、BLEモードの3つからコマンドで切り替えられます。簡単にシリアル通信を使いたいならClassicモード(SPP)、省電力でスマホやBLE規格のデバイスと通信したいときはBLEモードなど適宜切り替えが可能です。

新旧のBluetooth規格が入り交じったシステムでも本ボードならば対応できます。もちろん2台のRN4678-STICK同士の通信も可能です。

RN4678ではUART通信を透過的にBLEで無線化するために独自のサービスとキャラクタリスティックを搭載してるため、専門的なBLEの設定や知識がなくてもBLEでUART通信を無線化できます。特にSPPが使えないiOS搭載のデバイスではBLEを使うことで簡単にシリアル通信が可能です。

RN4678-STICKはRN4678を使いやすくしたボードです。UART通信に必要な信号線と電源入力、リセット入力だけをインターフェイスに配置し使いやすくしました。
また3つのLEDを搭載。モジュールの状態を視認できます。

電源は5Vと3.3V両方に対応しましたRN4678は3.3V動作のため、5V電源を使った場合には本体内のレギュレータで3.3Vを作りRN4678に給電します。
UARTのロジック電圧はRN4678の入力(RX)ピンに3.3kオームと2.2kオームの抵抗器を実装して頂くことで分圧して簡易的なレベル変換もお使い頂けます。(※1)

技適取得済みですので日本国内で安心してご使用頂けます。(202-SMD070)

当方では、独自の日本語補足マニュアルをご用意しています。
メーカーがリリースするRN4678の公式データシートやリファレンスガイドとともにお読み頂くことで簡単にBluetooth通信を始められます。

  • ●Bluetooth 5認証済みのデュアルモードモジュール RN4678搭載
    ●Bluetooth ClassicとBLEの両方を1つのモジュールでサポート
    ●非同期式シリアル(UART通信)をSPPやBLEの独自サービスで簡単無線化
    ●オンボード組込Bluetoothスタック(GAP, SDP, SPP, GATT)
    ●本体にステータスを表示する3つのLEDを実装済み
    ●技適取得済み、FCC,IC,CE,MIC,KCC,NCCなど各国認証も取得済み
    ●独自サービスとキャラクタリスティックで、BLEなのに透過UART通信が簡単
    ●制御は簡単なUART通信、ASCIIコードで設定可能
    ●UART通信速度はデフォルトで115.2kbps (8N1) ※2
    ●電源電圧は5Vと3.3Vどちらか選択可能
    ●使いやすい2.54mmピッチ端子
    ●AES128暗号化、送信出力+2dBm
    ●受信感度:-90dBm(Classic),  -92dBm (BLE)を実現
    ●分かりやすい日本語補足マニュアルとデータシート
    ●PCBアンテナ搭載でコンパクト
    ●IoT機器や従来有線だったUART通信部分を無線に置き換え
 
■注意事項■
※1: 本ボードの抵抗器の分圧による5V→約3.3Vのレベル変換は簡易的なものです。RN4678のRXピンにのみ実装できるパッドがあります。CTS/RTSピンにはありませんのでフロー制御を5V系回路と接続する場合には別途レベル変換をおつけください。

※2: UART通信速度はデフォルト設定で115.2kbpsです。UART通信速度はコマンドで最高1Mbpsまで設定できますがRN4678ではスループットの上限があります。データ転送は100ミリ秒毎に600バイトのデータを100回以上送信することはできません。UARTの速度はこのレート以下にする必要があります。詳しくはこちらを参照ください。

■外形図



※単位: mm
 
■付属品

 ・RN4678-STICK本体
 ・3.3kオーム2012サイズチップ抵抗

※本製品は組み立て済み、動作確認済み品です。

■各種資料等
 

RN4678 マイクロチップの公式製品ページ
RN4678 データシート
RN4678 コマンドリファレンス
RN4678-STICK 日本語簡単使い方ガイド
 
■本製品のサポートについて■

この製品はマイクロチップ社が製造するBluetoothモジュール、RN4678の機能をそのまま使ったものです。
当方では、RN4678の使い方やコマンドの使用方法などの技術的なご質問は受け付けておりません。サポートはすべてマイクロチップ社の公式サポートが対応いたします。

マイクロテクニカにお問い合わせ頂きましても技術的な回答は致しかねますので、公式のサポートをご利用ください。なお公式サポートについては英語での対応となります。

本製品はお客様ご自身で、メーカーの提供しているデータシートやリファレンスマニュアル、当方で提供している簡単マニュアル、その他ネットの情報等を駆使してご自身で内容を理解し、回路作成やプログラムの作成等ができる技術者向けの製品です。ご自身でデータシートやリファレンスマニュアルの内容をお読みになれない場合や理解できない場合には本製品はお使い頂けません。